修繕費は溜めておこう!修繕依頼の多い自宅の場所

>

壊れると大変な外壁

外壁のひび割れ

外壁は、異常が発生してからではなく、10年おきに定期的にメンテナンスをする必要があります。
ですので、「壊れやすい場所」というわけではないのですが、どの家でもしなければならないという点で補修が行われやすいです。

外壁が一度やられてしまったら、大規模な修繕が必要になります。
特に、塗装がはがれて中が露出している場合や、ひび割れがある場合は要注意です。
そこから雨が浸入すると、家が内側から腐ってしまうだけでなく、シロアリが生息する可能性もあります。
こういった場合は、10年のメンテナンスを待たず、一刻も早く補修した方がいいです。

また、築10年が経過したら、外壁の塗装・吹き付けとは別に、防アリ工事を5年後とにするのが望ましいです。

外壁のメンテナンス時期

外壁のメンテナンスですが、10年ごとの塗装の修繕の他、15年程度で下地の補修が必要です。
また、25年から30年程度で、外壁を一旦除去してはりかえなくてはならない場合も多いようです。

ですが、先ほども述べたように、外壁が大きく傷んでいた場合は、30年を待たずに張り替えなくてならない場合があります。
塗装のみの修繕なら、100万から190万円程度でできることが多いのですが、外壁の張り替えの場合は160万円から300万円ほど費用がかかります。
とにかく、日ごろから家の状態に注意し、こまめにメンテナンスをすることが大切です。

汚れの除去など、自分でできることは自分ですることで、大きな張り替えを遅らせることができます。


TOPへ戻る